ロゴ
HOME>オススメ情報>歯列矯正に抜歯は必須?メリットとデメリットを比較しよう

歯列矯正に抜歯は必須?メリットとデメリットを比較しよう

治療器具

歯並びによっては抜歯が必要

どのような歯並びをしているのかによって、矯正治療の内容もかなり変わってしまいます。だから、一概に抜歯が必要とは言い切ることができません。比較的、成長期の時に治療する際には骨格が動きやすいこともあって抜歯をしなくて済むことが多いです。しかし、骨格が動きにくくなった大人が治療する時は歯を全部残すことが難しいことも少なくありません。元々顎が小さい人の場合は、今ある歯の本数では入りきらないので、本数を減らさないと歯並びが改善しなくなります。ぎゅうぎゅうに詰まった状態で歯が並んでいる人は今の本数のままで矯正してもうまくいかない可能性が高いために、何本が歯を抜く必要があります。なるべく抜きたくはないでしょうけれども、必要に応じて抜歯を考えなくてはなりません。

歯科矯正

後戻りが少ないのもメリット

もしも、歯を全部残した状態で矯正を行った場合に後戻りしたら、また治療をしなくてはなりません。顎が小さいのに無理して歯を残してしまえば後戻りする可能性が高くなります。せっかく歯並びが改善したのに、また悪くなってしまえば二度手間となってしまいます。そうならないようにするためにも、適度に抜歯しておいたほうが良いです。最近では、歯を抜かないで矯正することを謳っているところもありますが、必ずしもそれが良い治療法とは言い切れません。健康な歯はなるべく抜かない方が良いですが、歯並びを改善させた方が虫歯や歯周病のリスクも小さくなりますから抜歯をしたほうが良いこともあります。これは歯並びによってもかなり違いますが、抜歯にもメリットはあります。